【超有益】銀行融資は正しい決算書と社長で9割決まる理由~銀行融資の5原則を理解することで銀行が見えてくる~

銀行融資は正しい決算書と社長で9割決まる理由~銀行融資の5原則を理解することで銀行が見えてくる~について、お話しています。

チャンネル登録、ぜひお願いいたします♪

◆遠藤信行ホームページ↓
▷資金繰り財務コンサルティング大阪/資金繰りと財務改善ならエーエスシー 中小企業経営者を悩ます、資金繰り財務問題解決の超極秘ノウハウを提供

▷Twitter:
【財務コンサルのぶ@キャッシュリッチ企業チャンネル】
黒字でキャッシュリッチな企業をめざす社長を応援するために、政治、経済、ビジネス、経営、会計、財務などについて呟いています。

お気軽にフォローください!

▷会計・財務・お金について書いているブログです。

「財務コンサルのぶ@キャッシュリッチ企業チャンネル」
この動画は、お金とビジネスの勉強をすることで、キャッシュリッチな企業を作るためのチャンネルです。

お金はどうも苦手だという、中小企業社長・起業家の方、あるいは将来が心配な会社員の方のための番組です。

この番組を見ると
「お金に強くなります」「経済に強くなります」「ビジネスに強くなります」

今回は銀行の本質に迫ります。
銀行融資を受けたい社長は融資のテクニックに走り勝ちですが、テクニックで勝てる割合はほんの数パーセントです。正しく銀行融資を受けるには銀行の本質を理解して、今回ご紹介する「融資の5原則」を理解することです。どうぞ最後までご覧ください。

番組の最後に、いいねボタンと、チャンネル登録をぜひ宜しくお願いします。

また番組をご覧になられてご質問・感想などおありの方は、お気軽にコメントをお願いいたします。

※番組でご紹介しました書籍です。
・『論語と算盤』(渋沢栄一著 角川ソフィア文庫)

・『論語』(加地伸行著 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 角川ソフィア文庫)

★経営分析サービスを開始しました。
『あなたの会社の決算書を本音でズバッとメッタ切り』サービス
事前に税務申告書一式3期分をメール添付で事前に送付してください。
通常66,000円(180分)のサービスを期間限定特別価格、何と!120分5,000円でメッタ切りにして解説させていただきます。

★当社ホームページのトップページの真ん中下あたりを見ていただくと、資金繰り表・小冊子や、日繰り表の無料プレゼントのお申込みができます。

★遠藤の無料オンライン財務相談(60分)を受けられたい時は、お気軽に下記のホームページの無料オンライン財務相談からお申込みください。  

【番組の内容に参考となる動画です】
★【超有益】キャッシュフロー計算書を読めずに経営ができるか!!~社長はキャッシュフロー計算書と資金繰り表を理解せよ~

★成功社長! 倒産社長!社長の4つのタイプ~マーケティング思考VS会計財務思考、あなたはどれ?~

★資金繰りが悪い方の参考動画です。
【超大事】自転車操業脱出の最強ツール!日繰り表の作り方

★【ポイント】社長が資金繰り表を作れば、銀行融資が3倍楽になる3つの理由

★【ポイント】お金の使い方を知らない社長が法人経営すると会社は破綻する!~会社を成長させるお金についての考え方~

★【超有益】会社に必ずお金が残る業種別経常利益の出し方

参考図書です。
① 『稲盛和夫の実学 経営と会計』(稲盛和夫著 日本経済新聞社) 稲盛さんの事業成功の一つとなった稲盛会計学の神髄が書かれています。経営者はここまで会計を理解しなければならないのだということを学ばせていただきました。

② 会社を成功させるのも会社を倒産させるのも社長の考え方次第です。
考え方が大事だという理由を知りたい方は、京セラ名誉会長の稲盛和夫さんの著作『生き方』(サンマーク出版)

ぜひ読んでください。560万部売れている本です。私もバイブルにしております。

【その他の素晴らしい本】
・『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー著 ジェームス・スキナー 川西茂/訳 キングベアー出版)
成功するための原則が書かれた本です。成功したい経営者は必ず読むべき本です。

★経営12カ条 稲盛和夫著 日本経済新聞出版

参考動画の中から、特に観ていただきたい動画です。
★【超有益】京セラ創業者 稲盛和夫さん著 「生き方」を読む。これが稲盛哲学の真髄だ!

★【保存版】「稲盛和夫の実学~経営と会計~」を読む。会計がわからんで経営がわかるか!

★【超大事】会社を倒産させない社長が全員知っている2つの考え方~会計思考と財務思考~

★【ポイント】決算書で分析する、オンキヨー破産の真相

※キャッシュリッチ企業とは、手元資金が借入金を上回る、実質無借金の企業です。
無借金企業ではありません。借金はして良いのです。借金以上に手元資金を保有する企業をめざしましょうということです。

キャッシュリッチ企業は、今回のコロナ禍においても元気に活動を続けておられます。
キャッシュリッチ企業は最強です。

特に資金調達に制限がある中小企業には最強だと、私は思っております。

もちろん、そこに到達するのは簡単ではありません。
簡単ではありませんが、そこをめざして経営をしていくことで、素晴らしい企業になっていくことができます。

ぜひ皆さん、私と一緒に目指していきましょう!!

#銀行融資
#融資の5原則
#決算書

タイトルとURLをコピーしました