どのように、 未来を、想像するか?

How do we envision future?

畑中章宏

Akihiro Hatanaka

民俗学者

Folklorist

民俗社会における〈祭〉の中心は〈予祝〉だった〈予祝〉とは未来の収穫・収獲生産の豊穣をあらかじめ寿ぎ祝福することである民俗社会を生きる人びとは未来をつねに想像し意識し追究してきたのだ民俗社会を対象とする民俗学も過去を調べたり意味づけたりするだけでなく未来がどのような社会になるべきかを想像してきたのである民俗学が〈死〉や〈死者〉の問題に取り組むのも〈死〉や〈死者〉が必然の未来であり〈死者〉もまた未来を想像し〈予祝〉しようとしているからにほかならないそしていま〈死者〉とともに新しい〈予祝〉の方法を想像することが求められているのではないだろうか

At root, folk festivals are celebrations of something still to come. Ahead of time, people celebrate and bless the harvest, or hope for future fertility. People envisage, and pursue a future of which they are fully aware. While researching and interpreting the past, folklore scholars recreate what communities intended that future to be. For this reason, they study “death” and “the dead,” which are the inevitable future for each of us. Conceptualising “the dead” is how we envision the future, and commemorate it in advance. Today what we need is a new way of celebrating, ahead of time, together with the dead.